注目される中古マンションを希望価格で購入するには?

2019/05/07

注目される中古マンションを希望価格で購入するには?

こんにちは! 名古屋市に拠点を置く仲介専門の不動産会社 三井建物 広報担当の田原です!
GWが終わりましたね。今日から出勤という方も多いと思いますが、今年は大型連休ということもあり体がついていかないという方も多いのではないでしょうか?

どうか無理のないようにしてくださいね。

 

今、中古マンションが密かに注目を集めていますが、それは新築マンションが高騰しているため手が届きにくい、また価格交渉ができない(難しい)などの理由からです。新築マンションと違い、中古マンションには定価がないため、市場の動き(相場)などに応じて決めることが殆どです。不動産会社はこうした市場相場を基に売主へ査定価格の提示などを行いますが、最終的に価格を決定するのは売主です。ここからも読み取れるように、中古物件価格は個人の見解に起因することが大きいため、値下げ交渉ができる可能性は大きいと言えるでしょう。

 

では、実際に不動産を購入する際の価格交渉において、どのような点に留意するといいのでしょうか?

 
まず、売主が法人の場合はリフォーム代金、税金などの諸費用を算出した上で希望価格を提示しているため値引き交渉が難しい場合があります。ただ、売りに出してから長期間売却できていない場合は交渉に応じてもらえる可能性もあります。またタイミングとしても月末や期末などの締日も重要なポイントになります。これらを意識して最善のタイミングを掴みましょう。

一方売主が個人の場合は、住み替えや相続、あるいはまとまったお金が必要など早急に現金化したいといった時間的な部分が大きく関わってきます。時間的にタイトな場合は交渉しやすいと言えますので打診してみましょう。いずれの場合も相手の状況に応じてタイミングを見計らうのが重要ですし、そこには大前提として信頼関係が必要です。気持ちよい交渉を試みたいものですね。

 

とはいっても、金額交渉ができたからと言って必ずしも満足いく結果とは限りません。それは相場よりも高い金額で購入している場合もあるからです。つまり、元々相場よりも高額な売値がつけられており、そこから大幅な値引きをされたことで満足をしていたら実はその金額がそもそもの相場価格またはそれ以下であったということも少なくありません。

市場は常に動いているため、失敗、また失望しないためにも今現在の相場価格を知っておくことがとても重要なカギとなります。不動産会社の担当者に確認したり、不動産チラシや物件情報サイト(楽待やホームズ、アットホームなど)といったポータルサイトを確認することも重要です。不動産会社の担当者に依存したり、検索した情報が古くなっているといったことのないよう常にご自身でもアンテナを張っておくことが大事ですね。

 
弊社も自社サイト(https://321.nagoya)やポータルサイト(楽待アットホームなどを活用し、常に新鮮な情報をご提供させていただいております。
また、自社サイトに掲載していない独自物件も数多くありますので、ご興味をお持ちの方は是非一度お電話やサイトのお問い合わせ(メール)よりご連絡くださいませ。
ベテランの営業マンも多く在籍していますので安心ですし、購入のちょっとしたアドバイスなどもさせていただけますのでお客様にとっても心強いと思います。

不動産は高価なお買物となりますので、失敗のないよう心から満足いく物件を購入したいものですね。

Contact Us

弊社へのお問い合わせ・ご相談はこちらから
TEL:052-433-2334(10:00 - 19:00 水・日・祝定休)

まずはモデルルーム見学