マイホームを上手に賢く購入するには

2019/09/06

マイホームを上手に賢く購入するには

こんにちは。
お得な情報 ”不動産ブログ” 更新中! 三井建物 広報担当の田原です。
本日は、これから居住用住宅購入をお考えの方に必見の情報をお届けいたします。
どのようなことにおいてもそうですが、行動を起こす際に少しでもお得な情報を知っているか否かで最終的な結末が全く異なってきます。
住宅という大きなお買物をするわけですから、お得な情報は知っていて損はないはずです。是非今後のご参考になればと思います。

 

「フラット35
持ち家を取得される、またはお考えの方にとって一度は聞いたことがある用語ではないでしょうか?
こちらは持ち家取得促進のため、機構が民間金融機関と提携して提供する住宅ローンになります。

当方でも先日、お得な情報「不動産ブログ『住宅ローン金利(固定型)が年1%を切る水準に』」でもお伝えさせていただきましたが、会社によっては、手持ちの資金によって金利が大幅に下がる物件も登場しており、例えば、住宅価額の3割を手持金とした場合、0.50.7%の金利で借り入れができるといった非常に魅力的なプランもあるようです。資金を十分にお持ちで、これから住宅をお考えの方には非常にメリットとなるかと思います。

 

 

冒頭お伝えしましたように、フラット35は、持ち家取得のための一般ユーザーの向けのプランになるため、当然投資目的での活用は違反になりますが、居住用と偽って融資を受けるといった不正が横行しているとのこと、先日ニュースで話題となりました。機構が調査したところ、162件にも上る投資目的や物件価格水増しなどの不正を確認したようです。

2018年9月のスルガ銀行の件もそうですが、正当に資金の借り入れを行おうとしている方にとっては憤慨な事件です。今後、スルガ銀行の一件のように借入が難しくなったり、金利が高くなるなどデメリットが増えることがあるならば、言うまでもなく多大なダメージです。

 

 

住宅購入において有効的な制度としてフラット35に並ぶように、現在の住宅取得の追い風になっているのが、「住宅資金取得贈与」です。

201511日から20211231日までの間に、父母や祖父母など直系尊属からの贈与により、自己の居住の用に供する住宅用の家屋の新築、取得又は増改築等の対価に充てるための金銭を取得した場合において、一定の要件を満たすときは、非課税限度額までの金額について、贈与税が非課税となるといった制度です。こういった制度を活用して今、30代、40代といった若い世代では住宅購入を希望される方が非常に増えています。弊社でも、居住用の住宅を探しているといった方からのお問い合わせが非常に多く、是非ご希望に添う不動産をご提供したいと尽力しているところであります。

 

 

そのうち「非課税限度額」について、以下の通りご紹介いたします。

受贈者ごとの非課税限度額は、次の(1)または(2)の表の通り、新築等をする住宅用の家屋の種類ごとに、受贈者が最初に非課税の特例の適用を受けようとする住宅用の家屋の新築等に係る契約の締結日に応じた金額となります。

 

(1)下記(2)以外の場合

住宅用家屋の新築等に係る契約の締結日 省エネ等住宅 左記以外の住宅
~2015年12月31日 1,500万円 1,000万円
2016年1月1日~2020年3月31日 1,200万円 700万円
2020年4月1日~2021年3月31日 1,000万円 500万円
2021年4月1日~2021年12月31日 800万円 300万円

 

(2)住宅用の家屋の新築等に係る対価等の額に含まれる消費税等の税率が10%である場合

住宅用家屋の新築等に係る契約の締結日 省エネ等住宅 左記以外の住宅
2019年4月1日~2020年3月31日 3,000万円 2,500万円
2020年4月1日~2021年3月31日 1,500万円 1,000万円
2021年4月1日~2021年12月31日 1,200万円 700万円

(国税庁HP参照

 

 

居住用の住宅となると恐らく多くの方にとっては、一生ものになると思います。
住宅自体がお客様のお眼鏡にかなうのは勿論ですが、それだけでなく当然家の購入となると住宅ローンや返済プランといった現実を考えていく必要があります。弊社では、住宅のご提供だけでなく、それらすべてをトータルしてご満足いただけるようサポートをさせていただいております。一見同じような物件であっても、お一人お一人状況は異なるかと思いますので、その中で最善のプランをご提供させていただいております。

どの不動産会社においても、この ”最善のプラン” といった言い回しをしているのをよく目にしますが、ローンの組み方一つにしても、お客様のご状況、その時の市場の動きなどしっかりと把握していないとできないことです。ですから、前例と似ている物件だから同じプランを紹介すればいいというわけでなく、お客様に見合ったプランをきちんとした形でご提示することが重要になってきます。

住宅を購入する時には楽しい未来を想像するかと思います。しかし、その後の現実に落胆したりするようなことがあっては折角の住宅購入も台無しです。そうならないためにも、しっかりとした目利きが必要となりますので不動産会社選びもお客様ご自身できちんと行っていただきたいと思っています。
弊社では、不動産歴30年以上の営業マンを始め、若くともしっかりとしたスキルと実績があるフレッシュな営業マンなど、お客様に必ずやご満足いただけるよう尽力させていただきますので、住宅購入をお考えの方は是非お気軽にお電話くださいませ。スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

 

 
 
名駅すぐ、「名古屋の不動産仲介専門」の三井建物へどうぞお気軽にお問い合わせください。

Contact Us

弊社へのお問い合わせ・ご相談はこちらから
TEL:052-433-2334(9:00 - 18:00 水・日・祝定休)

まずはモデルルーム見学