リニア開通が名古屋に与える影響とは?

2019/07/01

リニア開通が名古屋に与える影響とは?

こんにちは。
お得な情報 ”不動産ブログ” 更新中! 三井建物 広報担当の田原です。
名古屋も先日梅雨入りし、ここ最近不安定な天気が続いていますが、皆さん体調を崩されたりしていないでしょうか?

 

以前マンション購入時に考えるべきあることとは?というブログ記事でもお伝えさせていただきましたが、不動産投資を成功させる場合も《立地》が大きなポイントとなってきます。

 

現在名古屋では、名古屋駅周辺の大規模再開発が行われており、益々活気で満ち溢れ、さらなる発展が期待されています。

 

その根拠として、

皆さんもご存知の通り、JR東海が2027年の東京―名古屋間のリニア中央新幹線の開通に向けて計画を進めていますが、開通後は東京と名古屋が僅か40分で結ばれることになり、名古屋から関東圏への通勤も現実的となってきます。その逆もしかりで、また東京と名古屋間では人の流れも大いに期待されるところです。

 

これまで名古屋にお住いの方が東京まで移動するのに2時間近くかかっており、東京の勤務先を通勤圏内と呼ぶには難しいところがありましたが、リニアが開通することで、名古屋に住んでいる人が、東京の勤務先まで通勤圏内になります。当然その逆もそうですね。これにより、東海地方から東京まで通勤している人などが、名古屋駅周辺に住もうとする方が増え、それに伴い家賃や地価高騰し、結果的に不動産の価格上昇の可能性が高くなります。

 

産業の街と言われる愛知県。自動車産業をはじめ「ものづくり」の街として数多くの産業が集まっているのは言うまでもありませんが、2027年開通予定のリニア中央新幹線も含め、産業においてもさらなる発展も期待されています。マイナスイメージでは、国内主要8都市を対象に開催されている「都市ブランドイメージ調査」があり、よくない結果が出ることもありますが、実際に名古屋に住んでいる方にアンケートを取った結果、約9割の方が住みやすい街といった回答をされています。実際、私自身も名古屋生まれ名古屋育ちですが、何不便なくとても住みやすい街だと感じています。

 

以上のことからも、これから投資をお考えの方にとっては安定的な不動産経営のできる条件が名古屋には多く揃っていると言えます。
今後の展開に期待しつつ、最善のタイミングで名古屋での物件購入をお考えになってみてはいかがでしょうか?
十分な千里眼を持つ弊社不動産のスペシャリストが的確なアドバイスをさせていただきます。ご興味のある方は是非一度ご連絡くださいませ。

 

名駅すぐ、「名古屋の不動産仲介専門」の三井建物へどうぞお気軽にお問い合わせください。

Contact Us

弊社へのお問い合わせ・ご相談はこちらから
TEL:052-433-2334(9:00 - 18:00 水・日・祝定休)

まずはモデルルーム見学